natural sense blog


日々思いついたことをつらつらと綴るblog
by rengyo_sou
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

よしながふみ「大奥」

『お信 ここは暗い
こんなにも輝くばかりの美貌や才覚を持つ者達が
ひしめいているというのに 心が 暗いのだ』

~「大奥」1巻 pp..71-72~

『この大奥を作った春日局とは 一体どのような男であった?』

『春日局様は 女性にございます』
~「大奥」1巻 pp..94-95~


話題の時代劇「大奥~華の乱~」も始まりましたね。
毎回楽しみに観ていますが、今回はキャストが微妙・・・
と思いつつ、観てみたらこれがまた。
というか、将軍が・・・!なんていう男だ!人妻好き?(違
またこういう役が似合ってしまうんだなあ、谷原章介氏。
新選組の伊東甲子太郎に次ぐいやらしさ!

ドラマの話題はおいといて。

わたしの、今一押しのコミック。
それが、あのよしながふみの「大奥」である。




e0082718_17311638.jpg帯にあるとおり男女逆転大奥である。
主人公は八代将軍吉宗。逆転なので、もちろん女性である。
したがって、大奥は女の園ならぬ、美男の園。
しかし、質素倹約で有名な吉宗なので、美人を街に戻してしまう辺りは、史実と同じ。
基本的なラインは史実に沿いながら、男女逆転となってしまった世界の謎を吉宗が紐解き始めるところで1巻が終了している。
1巻以降の連載では、大奥を組織的に作り上げた春日局の時代にさかのぼる。

絵にも物語にも無駄がなく、さらりとした笑いと涙を入れる巧さは相変わらず。
1巻で大奥に上がった水野を中心とする物語でさりげなく世界観を説明。
後半に主役の吉宗を大きく持ってきて、物語の本筋をちらりと見せる。
ストーリーテラーの老人が出てきて、真実を握る過去に戻る。
お決まりの型だが不自然なく使い、流れるように話が進む。
「男女逆転の大奥」という奇想天外な内容のはずなのに、秀逸な歴史物を読んでいるような感覚を覚える。
今後の続刊に期待が大きい。
個人的に、エマ以来のヒット。

大奥、男女逆転! | Excite エキサイト ブックス
[PR]
by rengyo_sou | 2005-10-18 17:49 | コミック
<< スコッティ星になる ドラマ「ずっと逢いたかった」 >>


ライフログ
最新のトラックバック
やっぱ質は落とせないっし..
from 宇宙規模の団長
キタ(゜∀゜)わぁ!!!!!
from マグロ漁師
なぬーーーーー!!!!
from あぶらだ
ビー!ビー!ビー!
from 世界の師匠
うっっっほっほっっ!
from どう見てもゴリラ
これなんて錬金術??
from クリトリーズ
しゅおおぁあああ!!!!!
from さとすぃ
金払って風 俗って(^ω^;
from いいぱんこ
ちょおおww 皮www
from けんじ
ムラムラ村!!!!
from インパクトある中年
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧